定性調査職人の集合体SAR

定性調査の職人と、定性の匠が在籍しています
※『フォトインサイト』とは、SARが独自開発した
MROCプラットフォーム兼日記調査システムです

MROCのパイオニアSARは、定性調査職人の集合体です

『フォトインサイト』システムをデザインした匠が調査を設計、
各パートの定性調査職人が調査を実施いたします。
(リモートインタビュー、日記調査、MROC、ハイブリッド調査等)



画像2





画像






【定性調査最強の組み合せ】日記調査+MROC(日記調査併用)+リモートインタビューの組み合わせがベスト

調査予算の上限を考慮しなければ、
日記調査+MROC(日記調査併用)+リモートインタビューの組み合わせがベストです。
定性調査最強の組み合せとしてお薦めします。

・日記調査単体としての利用だけではなく、ホームユーステストと併用することで、テスト期間内の評価や気づきをタイムリーに把握することが出来ます。
・コロナ以降は日記調査とリモートインタビューとの組み合わせ利用が非常に増えています。
※日記調査参加者の中から参考になる回答をした方だけを集めてリモートインタビューも可能です。もちろん、フォトインサイト内で深掘り質問の投げかけも可能です。
・MROC掲示板内で日記調査の同時進行も可能です。

画像




ハイブリッド調査実施で、インサイトを一網打尽に串刺しして可視化

ネット定性調査(日記調査+MROC)+リモートインタビューで、
インサイトを一網打尽に串刺しして可視化


画像




SAR定性調査の特長
仮説の構築と原因の把握に向けて


・定性調査は、定量調査が結果(スコア)を量的に検証するのに対して、質的に分析を行います。
・定性調査は、課題の解決に向けたアイディア・ヒントの発見に適しています。 ・特に、事実(ファクト)に潜む背景や原因の関係性を深掘りして解明することができるのがSARの定性調査です。

『フォトインサイト』を利用した日記調査やMROC による探索
『リモートインタビュー』を利用したFGIやデプスインタビュー による探索
・上記2種類、または、3種類を組み合わせた 『ハイブリッド調査』もお薦めです。


SARリモートインタビューの特長


・最高レベルのインタビュアーとインタビューフローをご用意します。
・最新で最も調査対象に適した「お薦めのインタビューシステム」を選択して提供いたします。
・対面ならではの回答者の表情や声などから細かいニュアンスが把握できます。
・会場インタビューのようにバックヤードのメモ(≒チャット機能)から深掘りのご指示をいただくことも、もちろん可能です
・動画でテレビCFを見せての調査、ホームページを見せての調査も可能
・コンセプトや施策を見せての調査も可能
・調査中に自宅キッチンでの調理や試食も可能
・その場で試食しながらのインタビューが可能
・自宅でインタビュアーと1対1で接するため、リラックスした状態で真剣な評価や辛辣な評価など、ホンネが浮かび上がります



クライアント様のご自宅や会社がバックルームに(ルーム機能の充実)


『バックルーム同士のコミュニケーションが可能 』インタビュー中はバックルーム内の関係者でチャットが可能
『バックルームから司会者へ深掘り指示が可能 』司会者への深掘り指示専用チャットスペースがあります
・好みの大きさに画面をズーム!オンラインでも表情をとらえやすい

画像2

 ●コミュニケーションの改善ポイント聴取に最適



コロナ禍のインタビュー調査はSARへご相談ください
急ぎのスケジュールや難易度の高いリクルートも、SARへご相談ください!